素材の持ち味を引き出す?

バンブーロッドはあらゆるビルダーによってさまざまな試みがなされてきましたが、その一つが素材の肉抜きや軽量化かも知れない。

カーボン素材はプリプレグだけでも用途に合ったマテリアルを自由に選べる上、それらを組み合わせるだけでも無限の可能性を秘めている。しかしトンキンという素材そのものは基本的に1種類で自然素材がゆえに個体差はあるものの自由に選ぶことが出来ない。そこで「最近はバンブーロッドを中空にしたり軽量化することで、出来る限りカーボンロッドに肉薄しようと躍起になっていたのではないだろうか・・・」ということをと宇田の友人であるとある方がかなり前に言っていた。なるほどと思った。

しかしトンキンケーンはフライロッドにおいては優れた素材の一つであることは間違いない。あるシチュエーションにおいてはカーボンをしのぐ使い心地を与えるのでバンブー愛好家は今だ衰えないのではないだろうか。

実はこの宇田が作ったロッドを振ってみて、トンキンが素材として優れていると改めて実感した次第。4ピースのロッドはすべてのフェルールをカーボンで製作し、フェルールの重量が半減したことでトンキン本来の素性の良さがはっきりと体感できる。カーボンも同じようにすべてソリッドにしたら重すぎて振るには耐え難いロッドになるはずだ。

正直、トンキンがこれほど軽く、強い反発力を持つ素材であるとは思わなかった。決して金属フェルールが悪いというわけではなく、カーボンにすることが最良とは断じてないけど、ちょっとにやけてしまうアクションではあった。石川


素材の持ち味を引き出す?」への10件のフィードバック

  1. さすが。このフェルールの巻き糸もセンスですね~(^o^)/

  2. hakuさま
    コメントありがとうございます。色々技があるみたいですが、目で見るとなかなかですよ。
    面白いロッドに仕上がりました。

  3. バンブーロッドが廃れない事の神髄がここにあり!と言った感じでしょうか!^^
    ブログもカッコよくなりましたね!^^

  4. こんにちは!

    カーボン素材のフェルールですが、グラス素材の物よりアクションにシャープ感がある感じなのでしょうか。金属素材でのフェルールより軽量な分、マルチピースも可能(軽量という意味で)でかなり興味を持ちました。バンブーとカーボン素材のマッチングのセンスもとても良いですね!

  5. カウベルさま
    新しいブログもよろしくです!まだ使い慣れないので返事遅くなりました。
    バンブーも意欲的に新しいロッドを作っていきますので
    お楽しみに~。

  6. 3buさま
    コメントありがとうございます。
    グラスはやや重いうえ弾性率は低いと思います。カーボンは軽く硬度があるのでシャープなアクションには一役買っていると思います。しかしグラスフェルールは曲がるので良いとも言えるかもしれませんね。マルチピースには触れませんでしたが、軽いので不利な点がありません。2ピースと変わらぬシャープさを味わえますよ。

  7. 素晴らしい竿でした!宇田さんらしいって感じの竿だね~

    必ずや手にいれてみせます!(笑)注文書貼りまくってね

  8. GTI本人さま
    今度は大丈夫でしょう?そのときは手伝います。
    今年も川で遊びましょう。毛ばりは巻いてます?

  9. こんばんは。カーボンフェルール面白いロッドができそうですね。フェルールが軽いということは、ツーピースだとワンピースに近い感じになるのでしょうか。マルチピースにも良さそうです。何かの機会に振らせてくださいね。
    こちら今手がけている1本はバンブーフェルールにしてみました。何とかそれらしくなっていますが、実際に使ったらフォワードキャストでティップが抜けて飛んでいったり、あわせた瞬間に真っ二つかもしれません。

  10. とらふぐさま
    コメントありがとうございます。
    フェルールがカーボンに変わっただけで抜けの良い軽快なロッドに変わります。きっと竹のフェルールも同じ作用があると思います。フェルールからブランクまで同じマテリアルなので、曲がりもスムースなんでしょうね。色々試行錯誤して楽しんでますね。そちらも今度見せてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。