いざ十和田湖

10月になり、渓流を駆け巡るシーズンもひと段落となりました。

9月30日の最終日が土曜日で、翌日から釣りも暫しお休みかと思いきや、10月でも釣りができる限られた釣り場は大変賑わっていたそうです。とくにヒメマス釣りが楽しめる十和田湖は駐車スペースを探すのが大変なほど、たくさんの人が釣りを楽しんでいたそうです。まだまだ雪が降るまでは(雪が降っても?)オフシーズンとは言えないですね。

みなさんに負けじと、私も先週十和田湖へ行ってきました。

この日の天気はあいにくの雨。今回で4回目の十和田湖ですが、全て雨です。

フィールドとの相性が良くないのでしょうかね…..

一緒に行った友人のN君は次々と良型をキャッチ!!

一度フライパターンを見つけると、しばらくそのフライで釣れ続けます。

N君によると、この日は白いエッグが良かったようです。

私はこんなフライを使って釣りました。

白い膜を張ったエッグを中心に、真っ赤なゾンカーで目先を変えたり、他の魚を追い払うような元気な魚にはマイラーチューブのストリーマーで誘ったりしました。

ゾンカーは、食いが浅いとフッキングしないので様子を見ながら現場で短くカットして使います。

足元にたくさん魚がいて、反応が目で見えるので楽しいです。

 

最後にお知らせです。

10/22日にイーハトーヴ釣具店さん主催のフライフィッシングスクールが開催されます。

当日はカムパネラスタッフが講師として皆様の釣りをサポートいたします。

お申し込み・詳細はイーハトーヴ釣具店(http://machland.com/fishing/event/)までよろしくお願いいたします。

 

 

 

======================================

<主な使用タックル>

ロッド:エメラルドウォーター c3763EW 7’6″ #3

ライン:スープラ DT3F

リーダー:5X 9ft

ティペット:5X 半ヒロ (フロロカーボン)

フライ:オレンジと白のエッグ#16、真っ赤なゾンカー#10、マイラーチューブのストリーマー#10(ロングシャンク)

======================================

 

 

(仁平)

 

 

 


釣り人の言う9月とは

さすがに9月渓流ラストが近づいてくると、多くの釣り人が渓流に訪れますね。産卵のため魚たは上流に向かって差してくる訳ですから、それを釣り人が追いかけるような格好。古今東西、この光景は変わらないでしょう。

釣りという遊びはそもそも狩猟生活の真似事みたいなものだけど、私の場合は釣れた魚を写真に収めるのも、獲物を魚籠に入れたことと同義であると思うので釣りとしてはそれで起承転結。いや、帰ったらお見せして結となすのか?

いずれにせよ、毎年毎年進歩がないなぁと思いつつ、さがなんだから仕方ないと釣っては放す訳です。9月いっぱいで終わるとなればバタバタと焦るのもこれまたさがなのでしょうか?もう少しスマートにいきたいものです。石川

この日は各地大雨で秋田内陸から青森、県北を走ってやっと見つけた川。トータル600km余り走った。Nさんに来たヤマメ。

Oさんが仕留めた幅の広いヤマメ。ロッドはC6703XC。今お客さんの間で密かに話題となっているOさんの鹿角ネット。製作はS君です。

同日、八幡平のお宿オーナーのKさんとバッタリ会い(行くところはみんな一緒)夕方ご一緒することに。

この日はMちゃん、K君らと秋田の玉川水系へ。

増水気味でこんなサイズが連発。&バラシ連発。

玉川水系の小河川に入ってみた。写真はK君。

雫石水系へ。Nさん、Kさん、OKさん、Oさん、私と5人での釣行。二手に分かれて釣りをしました。写真はOKさん

まずOKさんから。サイトで釣ったイワナ。ロッドはC4663SL。広い川だけど、よく飛ぶのでこれで十分だとか。

Oさんのロングキャスト。この距離でガンガン釣って行く。

そうして釣れるのがこのサイズ。距離を置くと自然とサイズアップしますね~。ロッドはC3763EW。

この後、美味しい蕎麦を食べて腹ごしらえ。

午後は和賀へ移動するもイマイチでした~。

 


大人の夏休み

朝晩の気温がひんやりと感じられ、日中の気温が20℃に届かない日も出てきました。暑くなる日もありますが、9月に入り季節は夏から秋へと移行中です。

私の釣りも、涼しくなってくると源流域から中流域へと移行していくので、そろそろシーズン最後の源流釣りとなりそうです。

この日は、初めて訪れる川。

8月は大雨に見舞われることが多かったですが、隙を見つけては山奥に行っておりました。

8寸前後の魚が飽きないぐらいに釣れてくれます。

個人的には、今年は数釣りを楽しめる日が多く、ストレスフリーな気持ちの良い釣りができております。

数が釣れるときはリリーサーがあると便利です。

このリリーサーはお客様のハンドメイドで、スタッフそれぞれ色違いでいただきました。

ありがとうございます。

ご一緒したNさんは、私が写真を撮ったりしている間に9寸ぐらいのイワナを連発していました。

今年は大活躍のウェットゲーター。

暑い日の源流は、この格好が涼しくて動きやすいです。

時間を忘れるほど、すっかり夢中になってしまいました。

子供の頃に戻ったかのような気分です。

西日に照らされる渓流はキラキラ輝いて美しいですが、場所が場所なので暗くならないうちに車に戻りました。

 

岩手の渓流シーズンも残り1ケ月を切りました。

行ったことのない川を見てみたいという気持ちが強いので、シーズン中にあと何ヶ所川を見ることができるか…

見たい川がたくさんあるので、毎日地図と睨めっこしながら絞り込んでおります。

今度の週末はどこへ行こうか。

 

(仁平)