下北漫遊ー前編

GW終盤ですが、いかがお過ごしでしょうか?
私はこの連休を利用して、青森県の下北半島をグルっと周ってきました。もちろん釣りがメインですが、観光もそれなりに楽しんで良い旅になりました。



初日の午前中は海沿いの小河川を釣って、午後は内陸の開けた川を気持ち良く釣り上りました。どちらの河川も小型のヤマメが中心でしたが、魚影が濃く数はたくさん釣れました。

海を背に砂浜からヤマメが釣れた川もあり、初日としては大満足です。



翌日朝は観光からスタート。
尻屋崎灯台で馬の寝顔に癒され、海沿いを走っているとコンブ漁をしている方々のカラフルな袋が人気キャンプ場のテント群のように見えて面白かったです。



そして昼頃から少し山奥の渓流に入りました。最初はドライフライで釣り上りましたが、残雪もあり水量が多く途中からルースニングに。

沈めた途端、急にイワナが釣れ始めました。ポイントごとに反応があり、サイズもなかなかで時間ギリギリまで目一杯楽しみました。

街に戻り、久々に見る海に沈む夕日を堪能してこの日を終えました。

こうしてブログを書いていると、旅の思い出に浸ることができ、出発の日が懐かしくなってきます。
あ〜!1週間前に戻りたい!!

後編へと続きます。

 

 

 

(仁平)

 

 


下北漫遊ー前編」への2件のフィードバック

  1. うらやましい旅ですね!下北にはブロ友さんがおりますが隠し沢とまではいいませんが素直な良型がジャンジャン釣れる!?渓流も結構残っているようでうらやましいです!私もいつか行ってみたいです!^^

  2. カウベルさま

    車中泊の自由気ままな旅で最高でした!良型ジャンジャン、良い響きですね~!確かにどこの川に入っても、大小問わず魚影が濃くて下北の豊かさを認識させられました。また機会があれば、隠し沢に巡り合いたいですね!
    釣りもドライブも、いい場所でしたよ。是非行ってみてください!^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。