イワナゴロゴロの小渓流

以前は雑誌も大雑把にルアーフライの総合誌というのが割りと普通でしたよね。今ではカテゴリー別に細かく細分化されて、それぞれで住み分けというか。フライの道具についてもしかりで、より用途に特化したもの。使用が限定されるものがあり、素人がうっかり手を出せない。道具の使い分けもフライの楽しさの一つとは思うのですが、入門される方々にはなかなか入り込みにくい、敷居の高さがありますよね。必然に排他的な世界を作っている気がします。これは自分も反省するところです。最近少しそう思うのです。フライを始めてみたいと思う方が気軽にはじめられるような間口の広い世界であって欲しいと思いますね。

さて、日曜はミッチャンと釣りの約束をしてましたが前日夜にともちゃんからもお誘いの連絡。それではと3人で行くことに。そろそろ始まるであろうイワナの川に行ってきました。石川

IMGP3278

狭い木に下にフライを落とすともちゃん。イワナ釣りの醍醐味。

IMGP3290

本日のアベレージ。グッドコンディション。

IMGP3282

本日絶好調のミッチャン。立て続けに尺上をかける。

IMGP3294

今日はC6793XCに新調のフルックスのN1リール。ラージアーバーなのに70’s風のクラシックな外観。

IMGP3305

今日はグッドサイズなイワナばかりだ。この日はとても寒く、いまいち出が悪い。

IMGP3296

潜水艦みたいなイワナを発見。二人で上から指示しながらミッチャンが掛けた。ベテラン余裕のやり取り。安心して見ていられる。

IMGP3299

釣れたのはサーティーセブン口割イワナ。ミッチャンこれを筆頭に尺オーバーを4本。ともちゃん1本。私ゼロ。


イワナゴロゴロの小渓流」への14件のフィードバック

  1. 石川さん! ため息の出るような流れ、水の色、そして岩魚ですねえ!
    何だかベストな水位に見えます。北上山地? 奥羽山地?

  2. sendai uchidaさま
    水位、水色ともベストでしたが、寒い。日曜は寒かったのです。暖かかったらもっと出たと思いますが。

  3. クッキーさま
    案内していただけると結果は出します!
    ミッチャンマル秘ポイントでした~。いまや県外の人の方がポイント詳しいですね。

  4. イワナゴロゴロ?岩魚メタボリック?凄いですね♪綺麗な天然、まだまだこのような谷が有るんですね。大切にしたいですね。このような谷、自分で探して見ますよ♪開拓者とならなければね!

  5. 蜻蛉さま
    今度案内しましょうか~。やはりイワナっていいですねぇ。それに素晴らしい川でしたよ。

  6. 確かにフライフィッシングは難しく考えないことが良かったりしますね!ある程度慣れるまではトラブルの多い渓、ポイントに入らない!というのも心が折れないコツになるかもです!(笑)
    岩魚のパラダイス!綺麗な渓ですね!37の引きは良かったでしょうね!うらやましい!!^^

  7. そうですね。初心忘れるべからずです。
    はじめはとにかく釣れる所に行くこと。釣れないと嫌になっちゃいますからね。本流では心折れまくってますから。

  8. 最後の写真に写っているバーミンガムタイプのリールはハルシオンでしょうか? 私は赤いのを持っています。

  9. sendai uchidaさま
    ありがとうございます。綺麗なよいリールをお持ちですね。
    これは友人のでビルバランだったと思いますよ。

  10. ありゃあ! もしかしたら、あの噂に聞くビルバランかも! コメントを送信してから、自分のリールを見直して写真と比べて、赤面してました。

  11. sendai uchidaさま
    ビルバランもレプリカリールですし、それほど内部は丈夫ではないですよ。良くも悪くもアメリカのリールです。ハルシオンのほうが長く使えるんじゃないですかね。

  12. ミッチャン絶好調ですね(^^)v
    私は岐阜や長野へと出かけてますが、
    なかなかトロフィーサイズと出逢えない
    昨今であります(笑)

  13. ハシモさま
    土地柄激戦区でトロフィーも難しいのでしょうね。今年は水が少ないですが、今のところ好調です。お帰りの際はお誘いくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。