Wonderful memories

岩手県でも梅雨入りが発表されました。昨年より20日程早いそうです。20日と聞くとすごく早く感じますが、平年よりは3日だけ早い梅雨入りで、昨年が相当遅かったみたいですね。先週は暑かったのに、今週は寒くて、朝晩はストーブをつけて過ごしています。

先週は東京からSさんと、海外フィッシングツアーでお馴染みトラウトアンドキングのEさんがいらして、新緑の岩手を楽しんでいただきました。

綺麗な川で、綺麗なイワナが釣れてSさんこの笑顔!
この日は、地元エキスパートのOさんが良い川を案内してくれました。

限られた時間の中でたくさんのイワナがSさんの竿を曲げ、最後には良型を手にしていただき私まで大興奮!
何度もハイタッチを交わしました。

来月から日本を離れてしまうSさん。
これが日本で最後の釣り旅だとおっしゃっていたので、喜んでいただけて何よりです。
また一緒に釣りができる日を楽しみにしております。

トラウトアンドキングさんのホームページには、憧れの海外釣行の情報が満載で、釣り人の心を刺激してくれます!夢のビッグトラウトを追いかけてみるのはいかがでしょうか。

トラウトアンドキング:http://www.troutandking.com

 

 

(仁平)

 


いよいよ!

6月、良いシーズンになってきました!
今年は雪が多かった影響か秋田県境付近の標高の高い山から流れ出す川は、まだ少し増水気味ですが、それ以外の岩手河川は良好で、お客様からも良いご報告を頂いております。
天気も晴れの日が多いので、梅雨入り前の今がベストシーズンではないでしょうか。

こちらは内陸のやや水量の多い川です。濁りはとれて魚の姿もちらほら見えますが、あと1,2週間後という感じでドライへの反応は鈍かったです。

そんな中でもライズしてる魚を見つけることができました。しかし、人気河川で警戒心が強いのか一筋縄ではいきません。
最初は#12のパラシュートを結んでいたのですが、徐々に小さくなり最後は#20のグリフィスナットでようやく釣れました。6月でもミッジサイズのフライは何本か持っておくと安心ですね。

最近よく巻いているのはこんなフライです。
この後ディアヘアを刈り込んで、ハックルを巻けば….

高浮力半沈パラシュートの完成です。
「浮」とか「沈」とか相反する字が並んでいますが、ポストにはカーフテールを用いているので水切れUP!
釣り上がりのフロータント処理が楽です。
写真のような細身のボディの他、ムネアカオオアリなどのアントパターンのソラックス部も最近は刈り込んでます。

夏に向けて、ますます出番が増えそうです。

<主な使用タックル>
・ロッド:c4803FS ファストスティック 8’0″ #3 (限定品、販売終了モデル)
・ライン:SA社 ウェーブレングストラウト WF3F
・リーダー:フジノ社 AIR Sniper 5x 12ft
・ティペット:フジノ社 Professional フローティングティペット 6x 1ヒロ
・フライ:半沈パラシュート#12、グリフィスナット#20など

最後に今月のタイイングスクールのお知らせです。

<日時> 6月17日(日)
<場所> イーハトーヴ釣具店様 店内会場
<時間> 13時から2時間程度
<参加料金>1,500円(+500円で道具一式レンタル&マテリアル提供)

今度のテーマは「クイルボディ」です。
ターキーバイオットを使った、魅惑のシマシマボディを堪能しましょう!

<使用マテリアル>
・フック(TMC100、#12-14)
・ターキーバイオット(グースバイオットやコンドルクイルでも可)
・ダビング材
・ハックル
・エアロドライウイングなどのポスト材
・その他:ハックルプライヤー

お持ちでないマテリアル・ツールは、当日お店でご購入できますし、こちらですべて用意するプランもございます。
どうぞお気軽にご参加ください。

参加のお申込みは、イーハトーヴ釣具店もしくは弊社お問い合わせフォームまでお願いいたします。

 

(仁平)


虫が出てても……

夏日になる日も出てきて、着る服もだいぶ薄着になってきました。
工房近くの田んぼでは田植えが最盛期を迎え、いよいよ里川の釣りから徐々に山の釣りへ向かう季節だなあと感じております。

少し前に新緑の森へと出かけてきました。
上流部はすでに何組もの先行者がいたので、予定よりだいぶ下流に入りました。川へ降りると、ミドリカワゲラが飛び交いこれは釣れたも同然と進んでいきましたが、、、
全く反応がありません。
少し場所を変えて昼過ぎまで粘りましたが、魚の気配がまるでないので川を変えました。



こちらの川はカゲロウが多く飛んでいてライズもあり、大きくはありませんが交代交代で楽しめました。

こんなフライで釣れました。
4月~5月に一番出番が多いフライです。

川に入って1時間ぐらいしたら虫が少なくなりライズもなくなってしまいましたが、ブラインドでもポツポツ釣れました。
どんどん釣り進んでいたら18時になってしまったので、熊から逃げるように帰りました。

まだ増水気味の川もありますが、いよいよ良い季節になってきました。
そろそろ大きい岩魚が釣りたいです。

 

<主な使用タックル>
・ロッド:クロスカントリー (試作7’3″ #3)
・ライン:SA社 ウェーブレングストラウト WF3F
・リーダー:フジノ社 AIR Sniper 5x 12ft
・ティペット:フジノ社 Professional フローティングティペット 6x 3ftぐらい
・フライ:パラスピ#14、コンパラダン#16など

 

 

(仁平)