「星野道夫 風の行方を追って」

湯川豊さん著の新刊です。先日湯川さんがいらっしゃった際に頂きました。まだ読んでおりませんが、楽しみです。実は今SFを丁度読み始めたところで、こいつを読み終えたらじっくりと読ませていただきます。アーサーCクラークなんですがなかなか進まない・・・。

当時編集者という立場以上に多方面で交友が広い湯川さんです。植村直己とも交友がありました。(植村直己の著書も出されています)私が小学校6年生のときに生まれて初めて自分が最後まで読んだ本が植村直己の北極圏1万2000キロでした。湯川さんが手がけたそうです。ちなみに当時挫折したのは2001年宇宙の旅です・・・。そしてフライを始めて夢中になったのが田渕義雄。もちろん田渕さんも交友があり、ナチュラリスト志願者の私としては皆魅力的な方々です。星野道夫さんは今となってはどうしても熊の話題が先行しますが、この本は星野道夫が放つ魅力をさらに掘り下げてかかれていると思います。今こそ星野道夫をもっと知りたい・・・。石川

IMGP4382

さて、山にこもる準備は出来た・・・。


夏の厳しさ

IMG_0147

梅雨明け宣言が出され、途端に厳しい暑さに襲われています。

釣りに行っても、ロッドをのびのび振れる開けた川では熱中症になりそうです。

IMG_0081

週末は、イワナと涼を求めて山奥の渓流を目指しましたが、目的地には既にクルマが。

やっと入った川も、反応が悪いと思ったら濡れたてホヤホヤの足跡があったりで、移動の連続。

岩手に住んでいても、場所探しには一苦労です。

IMG_0126IMG_0105

そんな中ようやく釣れた一匹。

嬉しいという気持ちより、ホッとした安堵感でいっぱいでした。

IMG_0139

実は隠れた逸品、オリジナルランディングネット

この製品は、自社生産ではないので数本ずつの入荷ですが、ありがたいことにご好評をいただいております。

現在在庫はRound25が残り1本、Round30品切れで8月末入荷予定です。

ご予約も承っておりますので、ご希望の方はお早めにどうぞ。

IMG_0097 IMG_0090

釣果は乏しくも、気持ちの良い青空の下、綺麗な水や緑に囲まれると心が和みます。

IMG_0183

「一里一匹」という言葉のとおり、とにかく歩いた一日の締めくくりは、疲れを吹き飛ばすような夏ヤマメでした。

IMG_0066

仕事帰りに近所のリンゴ畑へ行ってみると、実が大きくなっていました。

夏真っ盛りですですが、こっそり秋は近づいています。

 

8月11日~16日はお休みとなります。

予めご了承ください。

 

 

=========================

<主な使用タックル>

ロッド:クロスカントリーシリーズ 7’3″ #3 (試作)

ライン:WF3F

リーダー:5x 12ft(ナイロン)

ティペット:5x 腕1本分ぐらい(ナイロン)

フライ:マシュマロボディのカディス #12 など

=========================

 

(仁平)