フライ竿の話 マンドレル?

今年の冬から近所の友人らと映画の上映会をしている。発案者はJ君の奥様。月に一度、金曜の晩に公共の視聴覚室を借りて、持ち回りで映画を持ってくる。軽くお酒を引っ掛けてつまみを持ち寄って観覧するだけ。時々観覧後に皆で居酒屋になだれ込む。普段なら観ない映画も友人のお勧めだからしっかり観ると、なかなかよい映画だったと知る。今月は私の番だったので「LIFE」という映画を選んでみた。劇場でも一度見ており、僕らの世代にはなかなかお勧めなので是非。

さて突然ですが今回は竿の話を・・・。いつもの釣りの話は進むものの、ロッドの話(仕事の)となると億劫で先延ばしにしていましたが、少しずつ書いてみたいと思っています。

現在のグラファイトロッドと言うものは基本的にプリプレグと言われる炭素繊維に熱硬化性のレジン(接着剤)を染み込ませたカーボンシートを使い、これをマンドレル(テーパー状の芯金)に巻きつけて、耐熱性のポリプロピレンのテープで固定した上でオーブンで焼き固める。そして焼きあがった後、ポリプロピレンテープを剥がし、マンドレルからカーボンシャフトを抜くことになる(脱芯)。この工程を経て出来上がったものがブランクといわれるロッドの根本をなすシャフトですね。

芯金のマンドレルがブランクの基本となるテーパーで、こちらで設計したものを作ってもらっている。(マンドレルのテーパーが全てのアクションを決定付けてしまうかと言えばそんなことはなく、積層するプリプレグの種類やプライ数、補強によって如何様にもなる)はじめは試行錯誤でさまざまなテーパーのものを作ったが、トップなどはある程度の寸法で限界がある。極限まで細いティップを試みて、マンドレルもそのように設計したものは脱芯の際あまり細いとマンドレルの先端がカールしてしまう。つまり耐用が極端に落ちて、型の再利用がままならない。それにブランク自体も強度が落ちるので、あまり意味の無いことが分かった。

これはあえて中空のブランクにする意味が無く、現在ではUG6773などで採用しているソリッドティップが細軸に対応しているので、強度、アクションともに申し分ない。とは言うものの、現行のグラファイトロッドの中でもカムパネラのティップは細いものが多い。この部分の製造はここまで細軸だと機械では無理なので、カムパネラは全て手作業。

マンドレルの設計はなかなか難しくロッドのアクションもさることながら、脱芯のしやすい形状や強度、固定器具とのマッチング、シリーズとしての応用度の高さなど、すべてをクリアーしたマンドレルで仕上がったブランクが狙ったアクションになれば、デカイ魚が釣れたときよりも興奮してしまうものですが、結構失敗も多いものです。つづく。石川

R0010418

少し前の写真。大荒沢で釣れないのでふて寝。どこでも寝てしまう。そのうちヘビにかまれるだろう。BTHR菊地さん撮影


秋のつり

盛岡でも初雪を観測し、今週は秋と冬の境のように感じられました。

IMG_5416

先週は隣県の荒雄川へ行ってきました。

この日は寒くもなく紅葉も楽しめ、気持ちの良い釣りができました。

IMG_5404

魚の姿も多く見られ良い釣りをされた方もいれば、シビアな魚に苦戦している人も…..(汗)

IMG_5423

何かを見つけたSさん。

IMG_5420

さすがです。

IMG_5458

現在カムパネラバンブーのブランクをこのような形でストックしておりますので、早い納期でお出しできます。

年内にご注文いただければ3月の解禁には充分間に合います。

新シーズンを新しいロッドで迎えてみてはいかがでしょうか。

IMG_5382

一週間前までは色鮮やかだった工房の紅葉も、だいぶ葉が落ちてしまいました。

また来年も楽しませてもらいたいです。(仁平)


Super Lightシリーズ販売終了のお知らせ

もう、11月なのですね。年々、季節の過ぎるのが早くて参ります。岩手ではそろそろタイヤ交換もしなければならない季節です。これが毎年春と秋にやらなければならず、面倒なのと腰が痛いのと・・・。それも2台分ですよ。うちもレーシングカーみたいに、ホイールナットがセンターに1つで、一瞬でジャッキアップして、各タイヤに4人ピットクルーがインパクトレンチもってやってくれれば・・・。

話がそれましたが、皆様に愛され続けたSuper Lightシリーズがカーボンシートの生産終了に伴い廃盤といたしました。ずば抜けた軽さと扱いやすさ、携帯性高さから、根強い人気があり今までカムパネラを影ながら支え続けてくれたロッドでした。とても良いロッドでしたよ。まだショップさんに在庫があるかもしれませんね。

さて現在限定のSuperSevenですが、予想に反して売れています(笑)。毎年この時期にリリースする限定モデルは私の独断と偏見で形にしたロッド群です。(過去にC3753WWやc3603LTD、C3713LTD、C6713LTDなどを製作しました)ですので好き嫌いが分かれると思います。まして#7を使うアングラーが少ないのは承知の上ですが。(日本人は偶数番手が人気)アクションは今まで設計した中でも抜群に飛ぶし投げやすいので自信をもってお勧めいたします。飛ばし屋の皆さんの意見もお聞かせください。石川

DSCF1649

これはBTHRの菊地さんが今年の最終日に達曽部川にて撮ったもの。写真前方は宇田。