ヒカリの季節

岩手の渓流の解禁は3月1日から。いよいよ今週水曜ですねぇ。私は仕事ですから土曜からです。実は去年解禁2日目になんとボーズを食らい、同じ過ちを繰り返さんためにも今日、ドライブがてら川を見て回って来ました。そこそこ天気もよく、虫のハッチがあるのにどこもライズは皆無。プールは静かなものでした。

岩手では降海型のヤマメ。つまりサクラマスになる子をヒカリと呼びます。この個体たちが、上流から海へ群れで下ってきます。毎年解禁の3/1は気仙川や甲子川の下流域のプールなどで盛んにライズするヒカリをミッジフライで狙って楽しむのですが、ここ数年これらの下流域でヒカリを見かけません。何故でしょう?3月中旬になるとライズの話が聞こえてきます。どうやら4月に移行している感があるのです。近年の暖冬でむしろ降海が早まりそうな気もするのですが、私の思い過ごしだろうか。それとも水量のタイミングか。

上流や支流で探せばいいのですけどヤマメの可能性も高く、お祭り的な要素もあって開けた場所で仲間とワイワイ楽しみたい。また下流域のヒカリを釣るのが岩手では風物詩というか。フライに限らず、古くからの釣法である盛岡流し毛ばりもまた出番がない。さてどうしたものか・・・。やっぱり気仙川や甲子川の下流の広いプールで釣れてくれると楽しいんだけどなぁ。石川

IMGP3917去年盛川で釣れたヒカリ。

IMGP4979場面はガラッと変わって先日管理釣り場でロッドテストをしているところ。まとめて何本ものテストをするので神経はロッドに集中。折れるんじゃないかってくらい強引に寄せたり、ロールキャスト、ピックアップ、レイダウン、ロング、ショート等々一通り投げるんですよ。これはカムパネラのバンブーですがニジマス向けにスェルバットでパワフルな仕様。他にショートロッドは釣堀じゃぁ辛かった。


新製品Campanella Bamboo 3piece and Super Light 8ft8in#4/5のご紹介

ここ岩手も既に解禁まで一ヶ月を切りましたね。入漁券の用意やタックルの準備などもそろそろ始めませんといけませんね。皆さん毛ばり巻いてますか。私?意外と巻いてます。

カムパネラでは限定品の受付が先月末を持って終了いたしました。沢山のご注文頂き、誠にアリガトウございました。ガンガン使ってくださいね。

そしてまた続々とニューロッドの新発売です。カムパネラのラインナップはきめ細かい番手設定で多くのサイズを揃えていますから選ぶのも一苦労・・なんてよく言われます。そこはもう一苦労・・悩んでくださいませ。多くのラインナップから自分に合うであろう一本を見つけ出してください。それもまた一つの楽しみとして・・・。そしてわからないことは気軽にメールでご相談ください。ご納得いくまでスタッフがご説明いたしますからご安心くださいませ。石川

IMG_1992カムパネラバンブー初の3ピース(C3703)。これは完全なドライフライアクションで3ピースでありながら張りを持たせたロッドです。軽快なので速いテンポの釣りに向きます。ガイドはチタンコーティングスネークガイドにカーボロイストリッピングガイド、スレッドワークも凝っております。価格が100,000円(税抜)でコーデュラケース付。一生モノのバンブーロッドです。

IMG_2357こちらはグラファイトのスーパーライトシリーズから8ft8in#4/5(C48845SL)と言う異色の2番手ロッド。たとえば早春のミッジングなどで小さなフライを遠投させるのには#4ラインです。また30オーバーの本流ヤマメを狙うにもランディングまで持ち込めるアクションです。そして北海道などでビッグレインボーをニンフやウェットで狙うなら#5ライン。また秋にはC&Rエリアでもと、一年を通して使えるロッドです。リールもがっちり固定できるアップロックスクリュータイプにしました。