Searching Fly

こんにちは。7月も天候が不安定で梅雨明けももう少し先となりそうですねぇ。こちらも豪雨による影響で紫波を流れる北上川もまだ水が下がらない状況です。入梅後は真夏日が続いて空梅雨かと思えば、この有り様ですし・・・。この先こういう天候と付き合っていくほかないのかもしれません。梅雨らしい梅雨っていうのはもうノスタルジーな昔話なのでしょうか。

さてサーチングフライ。皆さんご承知と思いますが、これからフライを始める方のためにご説明を。いわゆる探りを入れるフライってとこですね。バスの世界で言えば巻き物。多少目立つ位のフライでテンポよく広範囲を探る。ブラインドが前提ですから一般的にニンフだとヘアーズイヤーかビーズヘッドが代表選手か?もしくは水質によってはヒルが幅を利かすので、ウーリーバガー辺りでしょう。河川でのストリーマーはヘアウイング系でしょうね。ドライフライに当てはめるとして今時期なら私は#10のパラシュート。皆それぞれあって、ウルフだったり、EHカディスだったり・・。でも目立って嫌われる位が良いと思います。問題なく釣れれば使い続けるまでです。渓流で結構皆さん小さいフライをいきなり付けたりしますが、初めのうちは大きなフライがおススメ。あまり小さいと見失うでしょう?終始フライが目で追えて、それで魚が嫌うようなら、小さくしていけばいいと思います。魚からも自分も見えるフライが、上達の早道だと思います。頑張って!

 

今回は7月の釣行の様子です。沢山釣りたいとは思いませんが、もう少し良いのが一匹欲しいところですね~。7月は元気なイワナを楽しむ月間だとしても、8月も近くなると、渓流には蜘蛛の巣が張る様になって、アブが出始める頃、毎年私の場合はなんだか無性にヤマメが釣りたくなってくるのです。あんまり釣れないんですけどネ・・。石川

IMGP52556月の半ば過ぎ、紫波を流れる川、自宅から20分のところにある川へ久しぶりにO社長と行ってきました。

IMGP5254入渓して直ぐにO社長に27のヤマメ。今日は幸先がいい。

IMGP5256今日は絶好調みたい。しかし熊が怖くて一人で行けないらしい。(笑)でもそのくらいの心構えで丁度いいと思います。熊なんて平気平気って言う人が一番危険なのを地元人は知っています。

IMGP5259私にも来てくれた。ロッドはショートのC3693F。

IMGP5264=====================================

IMGP5295この日はJFFのYさんとNさんとで県北の小河川へ。盛岡近辺は雨で増水気味だったので、本流から差したヤマメを狙う魂胆が、読みがハズレてど渇水の中の釣りとなった。

IMGP5298しかしYさんが待っていた静かなプールから突如ライズが始まり、下から一つずつ仕留めていく。自分も一本釣らせてもらった。

=====================================

IMGP5299ところ変わってこちらは遠野のイワナだけの川。前から計画していたところで、初めてはいる川だ。Oさんと仁平の三人で行ってきた。Oさん一の投目でこの尺サイズ。25年前の遠野が残っていた。

IMGP5303ロッドはC4663SL。これ持ってきて正解。

IMGP5306仁平がしばらく見えている良型のイワナを狙っていたが、フライを交換してようやく出た。渇水で、ポイントによってはシビアでもあった。

=====================================

IMGP5321こちらは先週の釣行。和賀方面に向かった。金曜から岩手入りしたOさん。軽く一本釣り上げてすでに余裕モード。俄然スイッチの入ったS君だ。

IMGP5323「ここはいるね間違いなく」「ばらせないねぇ」とか後ろでプレッシャーをかける。が、交代となってプレッシャーを掛けていた人が核心部でバラシていた。

IMGP5334その後、Oさんあっさり27を釣った。今日は無敵だ。

IMGP5331午後から大雨でだめだったけど、午前中つかの間は良い釣りが出来た。ロッドはC4803SL。リーダーは18ft強。よく飛び、よく釣れる・・・。(笑)

IMGP5336このあたりから雨がパラパラと来て、午後には土砂降り。川は急な増水とまっ茶色。退渓ポイントが藪で行く手を阻まれ、何とか出られた林道では日中にもかかわらず真っ暗なうえ豪雨でカッパを着てるも全身濡れ鼠。ちょっとした恐怖だった。


イエローストーンにて

宇田です。

毎日暑い日が続いています。

九州では豪雨による甚大な被害が出ました。

私の友人も大分県に在住で、先日連絡が取れて大きな被害はなく安心しました。

何か出来ることは、と思っております。

KIMG1237

去日6月24日から7月3日までヘンリーズホーク~マジソン川~イエローストーン公園内での釣りを楽しみました。

KIMG1182KIMG1175

前半の2日間は、ヘンリーズホーク(ハリーマン州立公園内)の施設でバンブーロッドの展示と試投会があり、私のロッドも出展しました。

川のすぐそばで、竿に触って感触を確かめ試投します。

ビルダーのグレン・ブラケット氏やペア・ブランディン氏も顔を出され、和やかな雰囲気で行われました。

KIMG1483

おかげさまで私の竿も嬉しい評価をいただきました。

カムパネラバンブーシリーズの新作で、スペックは3ピースの7ft9in #4です。

繊細なティップとスウェルバットの組み合わせで、本流域のライズ狙いで使いやすいです。ヤマメやイワナから20インチを超えるレインボーやブラウンまで対応できます。発売までもう少々お待ちください。

他の方のバンブーロッドを見て刺激もうけてきました。

KIMG1267KIMG1424

ここでは釣り上がりではなく、私好みのライズ狙いの釣りがメインです。

ゆったりと流れる広々とした川で繰り返されるライズは、これぞフライフィッシングという雰囲気で、至福のひと時でした。

KIMG1441

一日中釣りをするわけではなく、ライズがある午前中と夕方だけ釣りをし、日中はフライショップ巡りや観光を楽しみます。

小さな街ですがフライショップが数軒あり、そのどれもが品揃え豊富でつい財布の紐が緩んでしまいました。日本のショップさんと比べるととくに完成フライの種類が多く、日本でも釣れそうなフライから独創的なフライまでものすごい数が並んでいました。

KIMG1244KIMG1215

ブラケット氏と彼の住むツインブリッジズ。

KIMG1423

楽しい時間でした。

 

 

(宇田)

 


湿潤の渓

連日の猛暑で「北東北=涼しい」のイメージが、完全に崩れております。

こんなに暑くて渓流魚たちは大丈夫なのでしょうか?心配になってしまいます。

こんなに暑くなる少し前、梅雨らしい湿度たっぷりの渓に出かけてきました。

森の中は潤いに満ち溢れています。

まず手始めに一匹。

この日は8寸ほどのイワナが、あちこちから遊んでくれました。

苔の色鮮やかさも、この湿った季節ならではのものです。

Nさんもイワナを連発していました。

川は細いですが、木が高いので振りやすく、テンポよく釣り上がれました。

結構な距離を釣り歩く中なぜか途中の一区間だけ、良いサイズが立て続けに釣れ、そこを過ぎるとまた元のサイズに戻りました。

不思議です。

この日使ったロッドは、緑溢れる森をイメージにカスタムしたクロスカントリーの6ピース。

ライトグリーン(不透過スレッド)のフルトリムと、フォレストグリーンのリールシートが、しっとりとした森に溶け込みます。

晴れた渓流も気持ちが良いですが、曇り空のじめっとした渓流も梅雨らしくて好きです。

苔の緑に象徴されるように、植物には水が一番のエネルギー源のように思えます。偏光グラスを外して見上げた湿潤の森は鮮やかな緑色に溢れ、元気いっぱいでした。

 

==============================

<主な使用タックル>

ロッド:クロスカントリーシリーズ 7’3″ #3 (試作品、カスタム)

ライン:WF3F

リーダー:4X 12ft (ナイロン)

ティペット:5X 半ヒロ (ナイロン)

フライ:マシュマロボディのカディス#12など

==============================

 

 

 

(仁平)